スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

拍手絵天下り?

本館の拍手絵を(やっと)入れ替えたのでコチラに移動。。。
2005年残暑見舞い(拍手絵)


ルークは自分の貧弱な体をさらしたくなくて、服を脱がないとかそんな裏設定があったりなかったり。
うーん、ちょっと女々しいかなっ。
スポンサーサイト

FFAC

★一向に減らない挨拶・お礼に行きたい場所(絵板)リストを見てため息をつきながら今晩は!樟です。

やはり描くなら一筆入魂。
しかしそうすると、大量生産はできないのです。
そんなこんなで、最近は偶にしか絵板に触っていないのですが、右手首の痛みは蓄積されていく一方です・・・;;軽くピンチ。


★今まで絵板で描いて頂いたRHキャラもアップしようと目論み中です。拾ってみたら、沢山あるんですよ・・・!!あわわ、なんて幸せ・・・vv今までRHキャラを描いてくださった皆さん、本当に有難うゴザイマス!!
えぇ、そしてこれからも描いてやろうという皆さん、大歓迎ですよ!!いつまでもいつまでも!!


★FF7AC観ました
と、いうわけで、軽く(?)感想など綴ってみようかなぁ、と思ったり。

FF7は、ドラクエシリーズ以外で、樟が"唯一"飽きずにクリアしたRPGです。DQの次にやりこんでます。だから結構熱いです。今でも結構鮮明に覚えています。たしか初クリア面子はクラ・ティ・シドだったな・・・懐かしい。

そして、樟は超超超エアリス贔屓で、クラウドに辛口です(笑)クラウド大好き!って人にはオススメできない感想と思われます。注意。
[FFAC]の続きを読む

ハロウィンパラレル編 設定メモ

忘れた頃にメモ貼り付け。
ブログの体裁が整ったら、本館の日記と入れ替えようと思っているのに・・・現在中途半端な見目・・・・・・がく。

●登場人物(初期設定)
・アレキサンド・ライト
森の奥の古城に、長いこと一人で住んでいた吸血鬼。
最近身の回りが賑やかになりつつあるのに悩んでいる反面、楽しんでもいる。
自称、眉目秀麗容姿端麗冷静沈着頭脳明晰。美女大好き。
だが、基本は来るもの拒まず、老若男女問わず(多分、血の話)

・フェイズ
森を彷徨っていたところをアレックスに拾われた。
何故そこにいたのか、どこから来たのか等、過去のことは全く覚えていない。
そもそも、覚えるという能力が著しく欠如しており、他人の名前すらろくに覚えない。
実は怪力。腕の手錠は外せない。

・ヴォルフラム
ヴァンパイヤをぶちのめすことを目下の目標としている狼男。
来るたびに、城の何処かを破壊して帰っていく。単細胞。手が大きい。

・パレットとアリス
村は吸血鬼に襲われたあげく、原因不明の病が蔓延して壊滅の危機。
病を治せる薬を作ると言われる魔女を探して共に旅に出、古城に迷い込んだ少女達

・深紅
あらゆる物事を知る鏡。
ただし、教えて貰うのと引き換えに自らの"時間"を差し出す必要がある。

・パルシパウラ・スタンスール
あらゆる薬を調合するといわれる北の魔女 と その弟子。
薬の代償は魔力・もしくは魔力のこもった品。
本人から提供されるものでないと交換はできない。

・エル、ボレオ
古城のゴースト。普段は姿が見えない。
他にも無数のゴーストたちが住んでいる。

・ヤヒロ・アヅサ
パレットとアリスの両親?

・スピネル
パレットとアリスの村を苦しめる吸血鬼

・ディオン・シェル
パレットとアリスの兄弟

・オクト
村の医者


ヒロインが二人も居るのに、物語が進めば進むほどBL率が高くなるという謎のお話・・・だったけど、それも嫌なので、ラブコメ風に修正軌道でこっそりと製作中。。。。



パレットバトン

いろいろなバトンがあるんだなぁ。
楽しくなってきた(笑)

と、いうことで、柊緩菜さんから「パレットバトン」を頂きましたので回答させて頂きます♪♪


よく使うアナログ画材は?


★下書き編
シャーペン:Dr.Grip 0.5(HB) (超愛用)、製図用 0.3(B)、製図用 0.9(HB)
消しゴム:100均で売っている業務用消しゴム。硬すぎず、やわらかすぎずで愛用。

★ペン要れ編
ミリペン: メーカーごたまぜに十数本 0.03~1.0 (使用頻度高)
ペン先:ZEBRA丸ペン A (つけペンはこれ以外は全く使えません)
インク:墨汁 (え)
ボールペン:HI-TEC-C 0.25、0.3、0.4

★色付け編
最近はめっきり出番がありませんが・・・(よく使う・・・!?)

コピック、色鉛筆、水彩色鉛筆、アクリル絵の具

★用紙編
特用コピー用紙 A4 500枚入(笑)
漫画用原稿用紙、いろいろ。

★その他
ライトボックス
方眼メモリ付透明定規 ×2本

好きな色は?


絵に使う色としても、普通の色としても、青系、緑系。

ただの色としてなら黒も好きなのですが。

昔「絵を描くときに黒は使うな。完全な黒は自然界には存在しない」と、言われてから絵に黒を使うのに相当抵抗がありまして。最近は兄さんのタキシードで慣れてきましたが・・・。
黒を効果的に使える人は、とても格好良いと常々思います。

イラストのお供は?


下書きを書くときは何もいりません。
とにかくイメージを捻り出すのに集中しているので。
色を塗り始めると、音楽やテレビ(音だけ)が欲しくなります。


描き始めたキッカケは?

絵は気が付いたときには既に描いていたので・・・。
ちなみに同人を知ったのは中3のときですが(笑)

次に回す5人!


ええと、5人いませんが・・・;;
見ていらっして、答えてもいいよと思われたならばよろしくお願いいたします!

★水城 葛 さん
★神夜 炯さん


ではでは、お付き合い有難うございました。。。

ラフ

ハロウィンラフ

9月です。
もう心はハロウィンスイッチが入っています。
ということで、ハロウィン準備始動です。

ラフはともかく、これからの作業に気が重くなります・・・;;

夢現~ベリル編~

らしくない

送り出しそうとした顔は変に歪んでたんじゃないかって気がする。
その証拠に、あいつは振り返って俺の名前を呼んだ。

「クリソベリル」

こちらを向いた顔には穏やかな微笑みが浮かんでいる。

昔は、くるくるとすぐに表情がかわった。

悲しければ泣いて
腹が立てば怒って
嬉しければ笑って

だけどいつからだろう。
こうして、微笑みの下に全ての感情を隠してしまうようになったのは。

あいつは、張り付いたような微笑のまま、唇からセリフを紡ぐ。

「僕はもう、泣かなくなっただろ?」

「・・・」

「なのに、君が泣いてたら示しがつかないと思うんだけど」

揶揄するように言われて、
俺は誤魔化すように首を振りつつ短く息を吐いた。

「はっ、生意気言うな」

手を伸ばし、
髪に触れ、
頭を撫でる。

しばらく下を向いて、
黙って頭を撫でられていたと思えば、
急にひょいと手のひらを避けて、
俺は真剣な瞳で見つめられる。

赤い、意志の炎が揺れる。

「大丈夫、もう忘れない」

「・・・何だって?」

聞き返した言葉は、また、微笑みにはぐらかされた。
どこからともかく飛んで来た2羽の白い鳩が、両肩にとまる。
愛しそうにその羽をそっと撫でてから、くるりと背を向く。

「今度は皆一緒に、お茶でも飲もうか」

太陽の光が射してあいつの体を包む。

「また、昔みたいに。」

光が、輪郭を溶かして、まるで消えていくみたいに見えた。

「・・・ルーク・・・?・・・お前・・・」

肩越しに不敵な、だけどどこか悲しい笑みを投げて、ルークは跳んだ。
遮るものがなくなって、光は俺の体にも降り注ぐ。
腕を顔の前に翳したが、全く遮ることができない。


俺は、あきらめて降ろした腕の袖口から、
さらさらとかすかな砂がこぼれ落ちていくのを感じた。

Blog Pet
ブログペットは終了してしまいましたが
好きな気持ちでリンクはそのままですv
後姿ラブリー同盟
BookLog
gremz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。